産業廃棄物処理業者を利用しよう|選び方を徹底解説

記事リスト

リサイクルに前向きです

男性

地球環境に貢献します

一般家庭で出たゴミは、資源としてリサイクルされているものがあります。冷蔵庫や洗濯機といった家電や、ペットボトルや瓶、缶なども再利用され、ゴミを減らしていく努力が必要となります。これが工場から出た廃油や建築現場から出た汚泥などは、産業廃棄物として大量に発生するために対策が必要でした。埼玉県では産業廃棄物を処理する施設を作ることにより、資源として再利用できるものと廃棄せざるを得ないものを分類してゴミの量を軽減する仕組みを作っています。産業廃棄物には廃油や汚泥だけでなく廃アルカリ、廃酸、廃プラスチックなど、20種類に分類されています。埼玉県の産業廃棄物施設では、この分類こそが再資源化に繋がると考えています。産業廃棄物の中には感染の恐れがあったり、毒物が含まれているものも取り扱います。また、爆発に繋がるような危険なものを適正に処理できる技術を兼ね備えています。技術確信により低コストで処分できるようになったので、不法投棄などによる環境破壊抑制にも一役買っています。埼玉県では産業廃棄物に中間処理をすることで半分近くの量をリサイクルすることに成功しています。再資源化できたものは工場や建築現場で使用され、資源を無駄にしません。中間処理で残った廃棄物は埼玉県内の地中深くへ埋められます。埋められる廃棄物は人体に影響がない状態を作り出すので、地表に現れることはありません。石綿のような体に入り込みやすいものを処理することは人への優しさに繋がっています。