産業廃棄物処理業者を利用しよう|選び方を徹底解説

記事リスト

廃棄物処理を依頼しよう

ゴミ

免許の有無を確認する

廃棄物は産業廃棄物と一般廃棄物に分かれます。産業廃棄物は20種類に分類され、企業の事業活動によって出たものを指しますが、主には廃油や廃プラスチック、鉄くず等を指します。この20種類は廃棄物処理法で定めれたものになるので、主には環境汚染を起こすものや環境に影響を与えやすいものです。これを処理する場合には指定の業者に依頼をして処理をしてもらう必要があります。その業者は埼玉や埼玉以外全国に多数ありますが、産業廃棄物業者と言います。廃棄物処理は免許を得ている業者のみが行える事になっていますので、まずは免許や資格があるかどうかをしっかり確認する必要があります。また産業廃棄物は中間処理施設に運ぶ必要があります。ここでポイントになるのが、その中間処理施設に運ぶのを自社で行うか、または外注するかです。自社で行う業者であれば費用を大きく抑える事が可能です。廃棄物処理の費用はHP等に一覧表が記載されているケースが一般的ですので、参考にすると共に複数の業者に見積もりを依頼をして比較する事が最も大切です。業者によっては数十万金額に差が出る場合もあります。相場としては埼玉の業者に限らず1平方メートルあたり7000円から15000円が一般的ですので、この相場も参考にする事が大切です。この他口コミやその業者の廃棄物処理業者としての実績が大きなポイントです。埼玉には小さな業者が多数ありますので、特にこの実績や口コミを踏まえておく事が必要です。